更年期を迎えると、肌の不調を訴える方は少なくありません。これらのトラブルは、年齢によるものなのでしょうか。身体にいろいろな変化をきたす更年期ですが、肌の変化も例外ではありません。更年期に陥りやすい肌の悩みには、どのようなものがあるのでしょうか。更年期には、顔はもちろん、手や身体など全身が急激に乾燥しやすくなります。若い頃から肌がデリケートな方、乾燥肌の方は特に要注意です。これまで使っていた化粧品がしみて、刺激になる場合もあります。肌が乾燥するとバリア機能が落ちて、些細な刺激も敏感に感じやすくなってしまいます。そのため、顔や全身にもかゆみの症状が表れやすくなるのです。かき壊してしまうと、肌を傷付けてしまいますので注意が必要です。更年期の吹き出物は、顎や口の周りなどフェイスラインに出来やすいものです。乾燥によって古い角質がはがれにくくなり、毛穴も詰まりやすいため炎症を起こしやすくなります。その結果、肌荒れなども招いてしまいます。ハリや弾力を失うことによって、肌がしぼんでシワシワになり、一気に老けた印象になります。特に、口の周りや目の下、目の周りなどは皮膚が薄く、デリケートな部分ですので、乾燥によってシワが出来やすくなります。これらの肌トラブルの原因は、女性ホルモン減少の影響が高いと言えます。特に、肌をみずみずしくし、ハリやツヤを保つ役割のあるエストロゲンが著しく減少することでバリア機能が下がり、様々な症状が起こりやすくなります。また、エストロゲンの減少はコラーゲンの質と量も低下させてしまいます。年齢による代謝の衰えも加わって、ターンオーバーも乱れやすく、肌はとてもデリケートな状態です。すると紫外線などのダメージをダイレクトに受けやすく、活性酸素による老化も早めてしまうのです。しかし、同じ更年期世代でも若々しい肌を保っている方と、くすみやシワで老けてみえる方がいらっしゃいます。この差はどこにあるのでしょうか。まず考えられるのは、毎日のスキンケアです。といっても、高級化粧品を使うということではなく、正しいスキンケアを行なっているかどうかの違いが大きいと言えます。たとえば、洗顔はゴシゴシこすっている、熱いシャワーを顔にもかけている、ナチュラルケア派だからメイクはしない、これらは間違ったスキンケアです。更年期はこれまで以上に丁寧に正しいスキンケアを行ないましょう。また、ストレス、睡眠、食事、喫煙などの生活環境も大きく影響します。大豆イソフラボンやアスタキサンチンなどのサプリメントで不足しがちな成分を補い、ビタミンC、E、β-カロテンなどの抗酸化成分を豊富に含んだ食品も積極的に摂りましょう。プロミスの審査が甘いってホント?

顔の中でも際立って目立つ位置にあり、なおかつ毛穴トラブルが発生しやすい部分である鼻。一番目につくパーツだからこそ、ニキビや黒ずみ、ブツブツとした角栓などが見えてしまうと気分まで落ち込んでしまうところではないでしょうか。顔全体にある毛穴の数は約20万個あり、毛を作る毛包組織、発汗による体温調節と雑菌の繁殖を抑える汗腺、そして皮脂分泌により肌の潤いを保ち、外的刺激から肌を保護する皮脂腺の3つの要素が毛穴それぞれに備わっています。その中でも鼻にある毛穴には皮脂腺の割合が多く、Tゾーンは他の部分と比べ約7倍もの毛穴の数が存在しているので、特に皮脂の過剰分泌などが原因で起こる毛穴の開きというトラブルが生じやすいのです。スキンケアの中でもとりわけ重要で、なおかつこれさえきちんと成されていれば鼻の毛穴の開きを治す効果が期待できること、それは「正しい洗顔と保湿」です。朝起きてから就寝するまで、また就寝中にも私達の肌は空気中のホコリや化学物質などの汚れ、乾燥、そして肌に残った古い角質や雑菌などの刺激に晒されています。そこで重要なのが、正しく洗顔することで肌の清潔を保ち、正しい保湿によって肌をきちんと保護することです。たとえば夏場には皮脂の分泌量が増え、エアコンが効いた室内にいることも多いので肌が乾燥していることに気づかず、十分な保湿ケアをせずに過ごしてしまう方もいると思います。それでは、どの季節においても重要な正しい洗顔と保湿のポイントを紹介します。洗顔に関しては、①:洗顔する際、洗顔料や石鹸は十分に泡立てる。②:強い力でゴシゴシ擦るようには洗わない。指先や手のひらと肌の間で優しく泡を留める程度の力で、泡を肌に滑らせるように丁寧に洗う。③:朝は洗顔料、石鹸、もしくはぬるま湯で軽く洗顔。夜は洗顔の前にクレンジングでしっかりとメイクを落とす。クレンジングも洗顔同様、強い力を加えない。④:鼻の頭などは洗い逃しやすい部分なので、最初に鼻を中心としたTゾーンから洗い始める。保湿に関しては、①:朝、夕の洗顔後「すぐに」保湿ケアをする。②:化粧水、美容液、乳液、クリームの順を守る。③:化粧水や美容液はケチらずたっぷり使うと効果的。④:乳液やクリームでのケアは肌に薄い膜を作るイメージで、強い力を加えない。⑤:鼻の頭は皮脂腺が多くベタつきやすい部分だからといって避けずにケアする。その際、指先や手のひらだけでは不安だという場合は、化粧水でのケアをコットンで優しく行なう。保湿ケアに使う化粧品の中でも肌の角質層で潤いを保持する働きをするセラミドや、真皮層にある細胞の水分量をキープしてくれるコラーゲンやエラスチンなどの成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。洗顔と保湿ケアに共通して見受けられる間違い、それは「過剰な強さ・頻度」で行う方法です。早く毛穴の開きを改善したいと願う気持ちで、ついつい手に力が入ってしまうかもしれませんが、肌はとにかく「優しく、丁寧に」扱ってあげることが大事なのです。特に多くの方が勘違いしやすいこと、それは洗顔や毛穴パック、市販のピーリング剤によるケアのしすぎです。これらをやり過ぎるということは、肌を守るために必要な角質や皮脂をも除去してしまい、乾燥肌を招くことになりかねません。また強い力での洗顔や保湿ケアは角質を傷つけたり剥がしてしまう恐れがあり、傷ついた部分に雑菌が溜まることでニキビの原因となったり、メラニン色素が蓄積して黒ずみなどを作りやすくしてしまいます。http://cashing-college.net/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E7%94%98%E3%81%84.html